ウララカ日誌

ulalaka111.exblog.jp ブログトップ

テッパン!marimekko。

さて今日はファブリックパネルのお話。
お陰様で、お店で扱っていただいてるパネル以外にも、様々なサイズ、柄でオーダーをお客様からいただくことが増えています。

その中でもよくオーダーいただくのが、フィンランドの言わずとしれたファブリックブランド、marimekkoの布地を使ったもの。

様々な柄がありますが、よくお問い合わせいただく柄をチラリご紹介。

d0197976_21421979.jpg

↑ VIHKIRUUSU
ウエディングローズが配置された、大人っぽい色合い。

d0197976_21422017.jpg

↑KOMPOTTI
果物の輪切りがきれいに並んで描かれてます

d0197976_21422196.jpg

↑ UNICCO
一番マリメッコの中で定番となっています。様々なカラー、お花のサイズもピエニ(小)、ミニ(中)とあります

d0197976_21422239.jpg

↑ PUKETTI
花束という意味のプケッティ。
キュートで大好きな柄です。

マリメッコは発色、質感ともにやはり高級感あります!
日本でこれだけ人気が出たのもわかるなー。

マリメッコ、生地がお高いので、パネルの中でも少し値が張りますが、小さめサイズからお作りすることが可能です。(だいたい1500円〜)

一気にお部屋が北欧にチェンジしますよ!
お試しあれー(*^^*)
[PR]
by ulalaka111 | 2014-04-10 21:17 | ファブリックパネル
line

女性整体師 兼 ファブリックパネル作家 がつづるウララカな日々。


by Ulalaka111
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite